オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【今さらながら】オカジマリオの年金作りのルール(3)

入金の基準ですが、(1)でも述べたように「得した!」と思った分、または自分で稼ぎ出した分をなかったものとして入金していくだけです。

ただ、この入金の基準が一定ではなく、微妙に変化はしています。

始めた当初から変わらず一貫しているのが、

1・税引き後の株式配当

2・所有する株式の株主優待のうち、イオンのオーナーズカードでキャッシュバックされた分と株主優待が金券だった場合

3・メインで使用しているセゾンカードの永久不滅ポイントを金券に替えるかnanacoにチャージしたとき

4・自分が使っているお店の割引券を使用した時

5・ポイントサイトのポイントを入金した時

6・何らかの理由(懸賞応募)でクオカードなどが当たった時

7・viewカードsuicaポイントクラブのポイントをモバイルsuicaにチャージした時

8・WAONポイントをWAONにチャージしたとき

 

でしょうか。

ただし、1についてはカブドットコム証券で運用している株式についての配当金は含みません。

また、イオン以外にも株主優待銘柄をいくつか保有しておりますが、自社商品が送られて来た分は金額で換算せず、ありがたくつかわせていただいております。

 

以前は会社の報労金も金券でいただき使用するときはなかったものとしてその分現金で入金していましたが、確定申告する関係でこれは入金対象外としました。

それと、株式売買益は昨年前半は入金出来ていましたが、しばらく売買益は発生しそうにありません。

えきねっとで購入していたJRチケットの割引分、セゾンカードのクラブオンセゾンのポイント使用分も入金していませんね。

 

まあ、これは私の場合です。

この辺はひとそれぞれです。

単純に得した!と思うポイントをどこに見つけるか、ですよね。

 

ただ、人からのもらい物、例えば食料や貴金属などを換金した場合にどうなるか、また実際換金した場合、などと考えて得した!おごってもらった!!なんていうのはどうも私の感覚では出来ません。

好意、あるいは厚意は好意や厚意としてありがたく受け取るべきです。

その方がいずれ縁なく切れることになる人であっても。

 

嫌いな人だった・・・と言う場合はそれは自分の心に任せるべきです。

 

広い意味で、自分の能力を使って稼ぎ出した大事なものですからお金に換算するのは当然なのかもしれませんが、そこは譲れない部分です。