オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【個人型確定拠出年金】楽天証券で決定【早くて2月からか?】

私の職場ですが、バリバリの(って言い方が古いですが)金融機関には違いないのです。

FP技能士の保持者も多いし(2級、3級と玉石混合だけど)、事実、代理店として投信は販売しているし、変額年金取扱者も生命保険募集人もおるし、特に私のいるところとお隣の部署はそれでおまんまを食っている人間ばかり。

しかし・・・・・職場の人に話をしても確定拠出年金ってなに?っていう反応をされるのですな。

言葉は知っているっていう人ですら「元本割れ怖い」などと素人のようなことをぬかすし。

この人なら知っているよね?という人に話をしても「???」。

なので、職場での啓蒙活動はアホらしいと判断し、ひっそりとここのブログでのみ、語ることにします。

 

・・・・・金融機関としてはこの職場腐っていると思うのは私だけでしょうかね。

つまんない職場。

こんなことで閉塞感を感じる私もアホなのかもしれないが。

 

さて、個人型確定拠出年金の口座ですが、表題のとおり楽天証券で行うことにしました。

楽天証券の口座を開き、現在確定拠出年金の申込資料を取寄中です。

SBI証券にするか、楽天証券にするか迷ったのですが、楽天証券に落ち着いたのは単に「セゾン投信で積立したい」というこの1点につきます。

現在セゾン投信で積立している分を楽天にそっくり移します。

 

私同様、楽天SBIにするか迷っている人は多いとは思います。

有名どころのこの方も迷っているようです。

mushitori.blog.fc2.com

さて、楽天証券の口座開設にあたってですが、以前、同業他社の口座開設と異なる反応があったのでぜひ記載しておきたいと思います。

これまた金融機関としては当然の「仕打ち」なのできちんと受け止めますが。

楽天証券を批判する記事ではありません。あしからず。

 楽天証券から書類が届き、早速ログインします。

職業欄やインサイダー取引に該当しないよう、該当部分に入力する画面が表示されます。

無論ありのまま正直に入力していきました・・・・・

 

そうしたらパソコンの画面に表示されたメッセージ。

「アンタの会社と関連会社は金融商品取引業者の可能性があるからこれ以上のお取引はできひんのでログインを禁止します。ログインやお取引は当社での確認後となります(意訳)。」と来たもんだ。

 

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 

カブドットコム証券でも野村でも大和証券でもこんな対応なかったぜ。

 

しかし、次の日、ログインを試みようとしたところ、口座はしっかりと開設させていたようでした。

ログインもできましたし。

口座開設理由に「確定拠出年金の口座を開設するため」と記載したのが良かったんですかね。

 

私の場合、月12000円の拠出が最大となるので、現在セゾン投信で積立している10000円にプラス2000円の拠出で最大金額の投資が可能です。

投資内訳はどうするのか。

セゾン投信のみに商品を絞るのか。

あるいは信託報酬などを考慮し、他の投信に鞍替えするのか。

 

残念なのは、確定拠出年金はボーナスでの追加投資ができないんですよね。

この分は引き続き直販口座で運用していこうかしら。

 

※このコンテンツは当分の間続きます。