オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【老後資金の運用結果】2018/06/28現在【年を取るのは怖いけど】

賞与の額を見て、「この額でもらえるのももしや最後では」と思ったオカジマです。

ようし、貯金だ貯金だ。

 

・・・・いや、ここは投資では?? 

 

オカジマ家の賞与の行方。

カード払いで27%消えますが、34%は貯蓄(投資)に充てます。

22%は臨時出費に備えて。

9%は夫の小遣い。

そして残りの8%のうち27000円は布団丸洗いに、26000円はNHKの年払いに、残りのいくばくかがオカジマ小遣いです。

 

投資元本:6977875円

1・フィデリティ証券

  世界経済インデックスファンド

               481164円

  モルガン・スタンレー

  グローバル・プレミアム株式オープン

 (為替ヘッジなし)     309752円

  グローバル・ロボティクス

  株式ファンド(1年決算型)186598円

    

  投資信託元本      1000000円

      合計       977514円

  投資信託損益       -22486円 

  日本株式         680000円 

  日本株損益       -106000円
  
  お預かり金          8766円
  小計          1666280円

  損益合計        -128486円
   

2・マネックス証券
  日本株式              0円
  投資信託              0円
  投資額に対して           0円
  米国株式        4256213円      
  損益           -73170円 
  お預かり金(日本円)    12076円

  お預かり金(米ドル)   966158円        
  小計          5234447円

リアルタイム口座状況
お預り資産評価額 47,558.05
お預り金 8,747.47
リアルタイム買付可能額 8,747.47
約定金額合計 38,282.32
評価損益 524.99
当日取引損益 0.00


3・カブドットコム証券

  投資元本        2004900円 

  お預かり金        311983円

  日本株式         523300円

  投資信託        1057632円 

  未決済金額             0円 

  小計          1892915円

  損益          -111985円

 

4・三菱UFJ銀行

  普通預金           34949円

  小計            34949円

5・ウェルスナビ

  投資元本         148343円

  口座残高         148487円

  損益             +144円 

↓参考値

資産クラス 評価額 損益
米国株(VTI) ¥51,045 2,094
日欧株(VEA) ¥47,507 1,515
新興国株(VWO) ¥19,647 1,410
米国債券(AGG) ¥7,545 147
金(GLD) ¥11,336 500
不動産(IYR) ¥8,163 766
現金 ¥3,244

 

 


合計            8977078円       

投資元本より       +1999203円

 

 前回更新時からの動き。

1・米国株

RDS.B、LMTの配当の入金がありました。

受渡日 約定日 商品 銘柄・摘要 口座区分 取引 数量 単価 受渡金額
18/06/28 06/26 外株 A1267
LMT LOCKHEED MARTIN CORP C
  配当 5  株 2.000  US$ 7.19  US$
18/06/27 06/25 外株 A3247
RDS.B ROYAL DUTCH SHELL PL
  配当 20  株 0.940  US$ 15.00  US$

ロッキード・マーチンは私の買い値からもう8%も下げています。

とりあえずコピペですが、この記事を貼っておきます。

ロイターより。

赤字は私が色付けました。

2018/06/29 16:30 JST
陸上イージス、概算要求に取得費計上へ 近くレーダー選定=関係者

[東京 29日 ロイター] - 防衛省は、今夏の来年度予算の概算要求に米国から導入する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の取得費を計上する方向で調整に入った。早期配備の必要性を問う声が出る中、複数の関係者によると、来週にもレーダーの種類を決定し、計画通り2023年度の運用開始を目指す。米国製武器の取得手続きを進めることで、対日貿易赤字の解消を迫るトランプ米大統領へのアピールにもなる。

 

イージス・アショアは目となるレーダー、頭脳となる戦闘システム、機材を収納する建物で主に構成。探知性能を左右するレーダーには複数の選択肢があり、防衛省は米海軍がイージス艦への採用を決めた米防衛大手レイセオンRTN.Nの「スパイ6」と、米ミサイル防衛局がアラスカ州に配備するレーダーをもとにしたロッキード・マーチンLMT.Nの「SSR」を候補に選定を進めてきた。

 

日本政府は昨年末にイージス・アショアを2基導入することを閣議決定しており、今年度は配備に向けた調査費や設計費を防衛予算に計上。来年度は米政府と装備自体の取得契約を結びたい考えで、来週にも搭載するレーダーを決定したうえで、概算要求に盛り込む。

 

小野寺五典防衛相が配備候補地の秋田県山口県に出向いた際、会談した知事から配備を急ぐ理由を問われるなど、6月12日の米朝首脳会談を機に朝鮮半島をめぐる切迫した事態は和らいだ。

それでも政府は「北朝鮮の脅威は何ら変わっていない」(小野寺五典防衛相)と、当初の計画通り23年度の運用開始を目指す姿勢を変えていない。

 

高額なイージス・アショアの取得は、米国が抱える7兆円以上の対日貿易赤字の軽減にもつながる。トランプ大統領安倍晋三首相との会談で、たびたび対日貿易赤字の是正を求め、米国製武器の購入を迫ってきた。日米首脳は米議会中間選挙前の9月にも再び顔を合わせる見通しで、日本の政府関係者は「大統領への良いプレゼントになるだろう」と話す。

 

防衛省はイージス・アショアの取得費を2基2000億円と見積もっているが、搭載する迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の価格が上昇していることなどを踏まえ、関係者の多くは最終的に2倍以上に膨らむ可能性を指摘している。


(久保信博、ティム・ケリー 編集:田巻一彦)

 

2・日本株

配当の入金がありました。

お取扱日 入金(売付) 出金(買付) 摘要
2018/06/28(木) 1,196円   配当金 コメ兵
2018/06/27(水) 5,977円   配当金 NTT

なお、NTT株は既に売却済みです。

3・投資信託

フィデリティもカブドットコムにある分もマイナス推移。

 

とりあえずこの程度の認識でいます。