オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【金融機関女子】ノルマは地獄かそれとも【私たちは疲弊し、いずれ淘汰されるだろうが】

うっすらお気付きと思いますが、私オカジマは保険のみならず投資信託の販売資格もあります。

回りの大半の人間が両方出来るよう、会社に求められています。

他のところは知りませんが、金融機関としてはいささか特殊なのかな、と思います。

両方同じように出来るような人は・・・いるんですかね。

 

投信の場合ですが、実際お客様に販売した分のお手当も月々微々たる金額ですが入ってきております。

微々たるもんです、ハイ。

10円とか ??

そうそう、10円とか(イヤ、マジそう。)

 

そして今月も給料、お手当が振り込まれます

 

当社にも一応公式HPがございますが、身バレが怖いのでそれはお示ししません。

「これは金融機関じゃないだろアンタ、何でも屋かよ」という内容のキャッチフレーズがかかれてございます。

 

多角経営と言えば聞こえはいいですが・・・・・

要は中途半端なのです、何事も。

 

 

 

大概の銀行員がそうかと思いきや、地元の東証一部上場のとある銀行員は「そんなのもらったことない」とのこと。

そうなの??

うちが異常なのかしら??

それとも手取りが低すぎるから、手当で色が付くのかしら。

 

それはさておき、これらの知識や販売実績を元に事業所得の青色申告を行っていますが、理由は「雑所得を減らすため」、これに尽きます。

青色申告されている方ならご存知と思いますが、青色申告は65万円控除と10万円控除があります。

私は10万円控除の方ですから、事業所得もショボイもんです。

 

余談ですが来年度以降でしょうか。

65万控除の方は55万円まで控除が下がりますね。

基礎控除の増額の影響でしょうが。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf

 

かつて一緒に働いた外回りの人間の中には若いのに顧問税理士がついていて、県外に講演に招かれる人間もおりました。

経費で落とすためなのかは不明ですが、必ず内勤の私どもにもお土産を買ってきてくれました。

若いのによく出来た人間・・・・なわけはなく、彼は本当に客からのクレームが多い人間でした。

「本当に●●っていう社員はいるの!!??あの人よこさないで頂戴(以下略)」

という電話を毎日誰かが取る状態でした。

 

こういう人間は身につけている物からして違います。

20代なのに・・・時計はロレックス、バッグはグッチ、ボールペンもパーカーのいいもの、でした。

 

私自身は保険販売が苦手で且つ嫌い(むしろ憎んでいます)なため、今の職場に異動させられた人間です。

しかし、異動先でメインに行っている仕事は保険系統。

最初は「これは何の仕打ちかしら。当時のボスが私を憎むあまりの復讐??」とも思いましたが、ボスに「アナタの苦手なところに行くことになってゴメンね」と言われましたし、多分悪意はなかったと思っています。

そして私も「これは・・・・転職したと思って挑まなきゃ」と考え直し、そして幾星窓。

 

皮肉なことに不得意分野でもご飯を食べさせて貰っている、いえ、食べていくことのできる知識と技をある程度取得してしまったようです。

知識と技は磨き続ける限り朽ちませんし、私の場合は苦手意識が強いので更に磨きあげる必要があります。

そして、取得資格数が増えるごとに本来苦手で不得意な仕事に追い込まれてる感が強くなってきています。

でもいいのです。

会社員としての死=収入ゼロ、またはアンタはこの職場に不必要、辞めたら宣告される

よりましですから。

 

こんなブログをちまちまと続けているくらいですから完全に投資寄りの人間だという自覚があるのですが、CFP挑戦中などと職場に吹聴している(この辺は完全にマゾ気質だと思う)ことに加え、仕事では相続放棄に関する審判に係る解約、遺産分割協議書、公正遺言証書、債権差押系を得意(実は誰もやりたがらないからやむなく)としているため、完全に保険業務から離れられません。

上記に加え預金関係でも、成年後見人の設定や変更など、実際のところ面倒な上にカネにならない業務ばかりに当たり、その辺が重用されているのか重宝されているのかは全く不明です。

重用と重宝の意味は違うゼ。

 でも、私に言わせれば、手書きの遺産分割協議書に瑕疵があって当該相続財産が明記されてないんですが(泣)、特約も付加されてませんが、(大泣き)状態になるくらいなら、裁判所でも弁護士でも司法書士でも何でもいいのでキチンと入って欲しいのですよ。

なまじ知識があるだけに遺産分割協議書を自分で作成する金融機関所属の相続人がいますが、お願いですから餅は餅屋に任せて下さいね。

 

先日、その人間と☎バトルして相当エネルギーを吸い取られました。

思わずツイートしたくらいです。

 

↑この辺はいずれ記事にしたいです。

 

今後、異動があればもっと保険寄りになるので絶対に今の職場がいいのです。

痛い客が多くて案件もハードなものが多いですが、今後の自分のためになると思えば耐えられます。

 

 

所詮金融機関の窓口(外回りもだけど)の人間など、客の金の奴隷に過ぎません。

更に書くと、ノルマの奴隷でもあります。 

哀れなものです。

客の通帳の残高にお節介をして、そこからお給料というか手当をもらう。

会社と自分に錬金術を行うのが私らの仕事。

その方法としてお客様に勧める運用先が保険なのか投信なのか、あるいは両方なのか、

別の商品のご案内なのか、うちはご利用いただけないのか・・・とまあ、そういうことです。

 

私はあいにくとスキルは持ち合わせておりませんが、ある程度女性のお色気と水商売の女性の翻弄テク??みたいなのがあればこの業界、更に生きやすいと思います。

男性だったら、イケメン。

イケメンでなくても誠実さを売りに出来るでしょうか??

※古いことを書くようですが枕営業という意味ではありません。人間性の話ですので念のため。

 

総務系の事務職でもこのスキルはあった方が生きやすいです。

対人関係や円滑に仕事を動かすいう意味で。

家庭の中でも同じことが言えますでしょう??

 

しかし、口や色気だけで数字が取れるのかというと、それもまた違うのですね。

これは難しい。

何で人が購入までに至るのか、理由は千差万別です。

数字がえらい挙がっている人というのはその辺を読むのが巧みなんでしょうね。

 

私たちは、私らの年代の社員はいずれ、淘汰されるでしょう。

しかし、皆基本的に怠け者。

仕事しないのが勝ち、だと思っていますし、スキルもやる気も持ち合わせないくせに、頑張りますから、なんとか今の職場に置いて下さいと思っているはず。

皆口を閉ざし、黙ってはいるけれども、奴らはいつ淘汰されるかをうすうすと感じ取っているはずです。

 

でも、一体何を頑張っているのですかアナタたちは。

残業しないことを??

いかに仕事をせずに怠けることを??

 

私もいずれ何らかの形でこの職場を追われることは覚悟してますが 悔いなく過ごしたいと思っています。

この会社は泥船です。

泥船のどの部分にいた所で、いずれ沈みます。

それが早いか遅いか、ではなく、いつ見切りをつけて自ら下りるかでその後の生きざまが変わってくるでしょう。

今はまだ、下りるつもりはありませんが。