オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【金融機関女子】もう客に投資信託なんか勧めるものか(2)【投資は怖いと言いつつも】

嫌だいやだと言いつつ・・・・

私の仕事の内容のほんの一部に「投資信託の販売」もあります。

この間、こんな記事も書きました。

 

rio-okajima.hatenadiary.com

題名が私の本音と思って差し支えありません。

 

うちの客は揃いもそろってアホです。

ハッキリ書きましょう。

客は勧められたらとりあえず「よっこいしょ」と重い腰を上げてみるべきです。

だって、アナタにはその価値があるし(この辺は金融機関側のノルマっていうのが理由だけど)、決して「ご損」はしないはず。

 

客にハッキリ言っていますよ。

ここに500万の定期がある。

うちとしては全部やってくれた方がありがたいけど、それは勧めない。

1割の50万でもいい、10万だっていいと。

投資をすることで見えてくる世界が変わってくる。

それは多分アナタのためになるはずだと。

 

でも、うちの「賢明な」お客様は絶対やりません。

私の熱意が足りない??

いえいえ、そもそも、投資信託など値動きのある商品は人に勧められたからと言って購入するものではないです。

勧められた人が私のようにいい人だとしても、アナタの選んだ投信がアナタの思い通り値上がりしてくれるとは限らないしね。

 

客は投資をすることによって自分が変わってしまうのが怖いのです。

株価や為替相場に一喜一憂して仕事が手に付かなくなり、地に足のついた生活が出来なくなる自分が怖い。

 

まあ・・・・・10年もそんな生活をすれば多少の上げ下げでは動じなくなりますが、この辺はやってみないと分からない。

 

それは、投資をバクチだと思っているからです。

 

じゃあ逆に伺いますが、自宅をオールローンで買ったり、無事に育つか分からない子を(時には不本意ながら)妊娠し、産み育てる、

この人なら私を幸せにしてくれるはず、だから結婚しようかな。

この女なら文句も言わずに牛馬のように働いて俺を養ってくれるだろう(お前はヒモか)、幸いこの女、オレのこと好きみたいだし。

 

と考えるのはバクチじゃないのでしょうか。

この辺は築40年超のボロアパートに住む石女(うまずめ)*1の僻みと思っていただいても結構です。

 

私の場合、家や土地は家族の思い出づくりのツールか、投資物件と考えています。

自分がそうでしたが、住処にカネをかける必要はないと思っています。

 

面倒臭いというのもあります・・・・

 

私の実家は、祖父が経営していた会社でもらってきた廃材で作ったので材料費ゼロ円でしたし、土地は田んぼを潰して作ったので取得費ゼロ。

昨年亡くなった父はその辺のありがたみを知らずに逝きましたがね。

自分(配偶者)の勤め先が倒産するとか、自分(配偶者)がリストラに遭うとかでローンが払えなくなる可能性だって出てくるし、夫婦仲が悪くなるとか、離婚して財産分与で自宅が無くなるとか考えると限ないけど・・・・おっかなくないんですかね。

 

子供にしてもそうです。

まず健康であれ。

出来れば賢いに越したことはないけど、この「賢さ」っていうのは親にして見れば人それぞれなんだろうと思います。

定義がとても難しい。

例えば・・・・どんな子供に育ってほしいです??

 

親に何一つ迷惑をかけない自活できる人間だけど、金にシビアな冷血人間になっちまった。

自分も親に頼らないけど、親も自分に頼ってくれるなと言う。

親が入院しても全く面倒見ない、見舞いにすら来ない。

 

マイルドヤンキー。

根は優しい子。

近所に住んでるから何かあればすぐ飛んできてくれて一緒に泣いてくれるし、病院にも連れてってくれる。

でも、仕事が安定しない。

実はここだけの話、昔は警察のお世話になったことも何度かある。

仕事が安定しないのは実はそのせいでもある。

 

本当は東京の大学に行きたかったみたいだけど、私が「地元に残って婿養子(嫁)を取ってくれ、就職先は探してあげるから」と言ったら言うことを聞いてうちに残ってくれた。

同居もしてくれて孫も3人出来た・・・ありがたい。

これで安心して死ねる。

 

最後のは、私がもし実家に残っていたらイヤイヤ歩まなければいけない人生でした。

極端すぎる例ですが、親として見ればどれが自分の子だったらありがたいと思います??

最悪なのは

大学まで出して学費も相当かかったのに、結局自分の思った道にも進まず、しかも定収ゼロ。

親の年金を当てにして同居し、老後資金を食いつぶすバカ息子、バカ娘。

誰に似たのか分からないが、お世辞にも見目麗しいとは言い難いし、自分で商売やるとかそういう才能もなさそう。

私が死んだら、どうやってこの子は生きて行くんだろう??

・・・と親がいつまでも心配していなければならない子供たちなのかな、と個人的には思います。

 

投信を買うということと、住宅ローンや子育て。

そこに何の差があるというのでしょう。

 

無事に育つか分からない。

グレずに育てばいいな。

会社は倒産しないよね。

オレはリストラされないよね。

定年までオレの席があればいいな。

せっかく貯めた500万円、投資してどうせなら倍になってくれればと思うけど、10年後、預金の利子よりマシになってればいいなあ。

 

 

こんな程度にまずは考えていただいて始めてくれればいいんですけどね、みんな。

 

分かっているんですけどね。

やらない人は絶対やらないから。

いくら説いても無駄だし。

でも、「あの時、勧められた時にやるべきだった」と後悔してもあとの祭りなのですよ。

客に私の思いは届かないでしょう。

 

*1:石女(うまずめ)子供を産まない女;ちなみに私は不妊症ではないのですが