オカジマリオの年金づくり

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。

【番外編】平日の私の1日を語ろう【ノンフィクション:冬版】

以前にお約束した、平日の私の1日を語ろう;冬版について語ってみます。

以前の記事はこちら。

rio-okajima.hatenadiary.com

 

rio-okajima.hatenadiary.com

 

今回は冬版、とのうたい文句の通り、降雪地方(豪雪地方ではない)の会社員の朝~夜を余すとこなく??語りたいと思います。

 

では始めます。

 

季節は1月のある週、勤務時間は8:30~17:15、

休憩時間は1時間という設定でまいります。

 

長いのでこれ以降の文章は閉じます。

 

 

5:30 目覚ましが鳴る

夏はまず鳴っても一発では起きませんが、冬は別です。

一度で起きないと命取りです。

夜の降雪量によって、または明け方の凍り具合によって、以降の行動が全く変わってくるからです。

目覚ましは夫のケータイ(ガラケーである)を使っています。

 

 

布団から出た後の行動パターンも決まっています。

 

トイレ、洗顔、整髪、化粧下地まで塗る、を一気に行います。

 

何事も前倒し前倒しにしていかないと、冬の朝は辛いです。

よって、洗濯物は既に前日の夜干しています。

 

どうでもいいことですが、冬は電気機器の反応が悪く、テレビもCSチューナーもすぐには動いてくれないので、電気こたつの上である程度温めてから電源を入れます。

夫の知恵。

 

5:50~6:15 ゴミ出し、朝食の支度にかかる&弁当詰め

冬は自分の分だけですが、手弁当を詰めていきます。

前日の残りを詰めるだけですからお手軽です。

オカジマ家は夫が小食なため、夫分の前日のおかずが余るのです。

おかず2種+買ってきている惣菜1種、それとご飯を詰めれば、それ相応にみれる弁当にはなります。

これまた冬限定ですが、姑が送ってくれたりんごを剥き、半分は自分のお昼時のおやつにし、半分は夫と朝食べることにしています。

水筒も持参するので、まずはお湯を沸かします。

中身はジャスミン茶かごぼう茶と決めています。

 

 

朝の食事内容は以前書いたとおり、季節感もなにもありませんが、前日鍋ものだった場合の次の日の朝は、問答無用で雑炊か、うどんを投入して食べきります。

冬がこれがお手軽でいいです。

基本的にパンは平日は食べません。

ご飯食の場合は、私の場合は納豆、おかずは前日の残り物か、目玉焼き+ウインナー1本、納豆+めかぶ、温泉卵、自家製漬物、ししゃもなどその時あるもので適当に1品~2品です。

 

これにりんごが加わります。 

味噌汁もその時あるもので具を作りますが、この時期良くやるのが「納豆汁」です。

納豆嫌いは関西の方に多いと聞きます。

食事として出てきたら憤慨すること間違いないでしょう。

 

納豆は賞味期限が切れても平気で使います。

粘っているうちは大丈夫だと実家の母が申しておりましたので。

私もそれを踏襲していますが、未だに納豆に中ったことはありません。

白い粉のようなものが付くこともありますが、粘れば、大丈夫です。

 

永谷園の納豆汁は納豆とネギだけしか入っていませんが、私的ベストの具はキノコ類(エノキ、シイタケ。マイタケはダメ。臭いがあるので。シメジ、エリンギは具として大きすぎてバツ)、豆腐類(豆腐、油揚げ)、長ネギ。

ネギは絶対入れて下さい。

 

これに明治のR-1が加わります。

週に2回、宅配で届けてもらっています。

www.meiji.co.jp

夫婦二人で月1万弱の出費は決して安いものではないですが、おかげで風邪はひかなくなり、夫は便秘が解消されました。

 

夫はR-1の他にアイスコーヒーも飲みます。

 

食事の準備をしている間に夫起床。

夫はシャワーを浴びます。

仕事がある日は必ず浴びます。

 

6:20

私のみ先に食事を取ります。続いて夫も食事を取ります。

私は6:35まで食事を終了させないと。

幸い昨晩の降雪はそうでもなかったようですが、その代わり明け方冷えたようです。

月曜日だと、前日車を使わない場合、車の雪よせをしていなかったり、凍っている車を温めないといけないのでその分多く時間がかかるのです。

 

6:35

車のエンジンを付けに行きます。

ついでに降雪量の確認です。

お、今日は車の上の方を寄せると何とかなるな 。

 

6:37~6:50

 ギリギリまで出来うる家事などを行います。

皿洗い、着替え。

化粧と歯磨きはしません。

冬場は職場のトイレでやる、と決めています

皿は帰って来たらしまうか、そのまま夜に流用します。

6:50~6:55

幸い、降雪量が少なかったので雪寄せの時間はこれくらいで済みました。

降雪量が多いとこうはいきません。

6:55

自宅を出ます。

7:20

職場の駐車場に着きましたが・・・・

おーなんてこったい。

前日の日曜日、この地域には除雪車(と言ってもブルドーザー)が入ったようです。

駐車場の入口が雪でふさがっています。

これを寄せないと入っていくのは厳しいな。

 

なのでこんな時のために、雪寄せ道具を積んでいます。

10~15分かけてサクサク寄せます。

私は積んでいませんが、車は4WDでないと車のタイヤがスリップして空回りする状態(いわゆる「ぬかる」状態)になることがしばしばなのでいわゆるスコップ(鉄製に限る)、車と雪の間にかませる古毛布、または古座布団を積んでおく方がいいです。

いわゆる「ぬかる状態」になるのが多いのは2~3月。

日中、雪が雨に代わって雪で固まっていた道が融けてドロドロになるのですね。

こんな時は、多少遠周りでも小路を使わず、国道、県道を走るべきです。

 

ああ、汗かいた。

自分の車を定位置に止め、会社に向かいます。

 

会社の前では総務部の役付き連中数名がスコップやスノーダンプを手にとり、雪寄せをしています。

私はそれを横目に通り過ぎ「おお~働け働け~テメーらの仕事だろ」と心の中で呟きどつきながらロッカー室に向かいます。

 

東北地方でも降雪がさほどない地域もあります。

そんなところの出身の総務部社員は雪寄せの作業に慣れていないので作業に腰が入っていません。

見てすぐ分かります。

過去には転倒して全治1カ月の診断書もらった社員もいましたね。

雪国と雪道なめんなよ。

 

 

 

7:45。

ロッカー室で着替え。

歯磨きと化粧もします。

 

7:55

やっと食堂に向かえます。

本を読みながら熱いコーヒーでも飲みましょうか。

ちなみに、今読んでいるのはこれです。

 

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

 

 日経ヴェリタスを半年間購読して、CFPの金融資産設計の単位取得に充てましょうという講座があり、その付録です。

付録は適切じゃないな。

課題図書と言うべきでしょう。

 

そうこうしているうちに食堂に招かれざる客がやってきました。

うちの部長です。

 

部長はNHKの朝の連続ドラマを視ている私の上司(独身子無しの40代男)や、支社から出向している(と思われる)30代男子にちょっかいを出しながら、飲み物を空けて事務室に去ります。

私は無視されているわけではないですが、食堂ではほとんど会話しません。

私も用事ないし。

こんな場合、私に話しかけてくるのは大体機嫌が悪いときです。

例えば「(災害時に使用する)安否確認メール、ちゃんと送ったか??やってくれよな」などの業務に関することです。

私の事は、腸が煮えくりかえるほど憎んでいるに相違ないし。

 

rio-okajima.hatenadiary.com

しかし、その辺は大人なので私も部長も口にしません。

 

 

8:30~

仕事開始。

今日も部長の朝礼は長いでしょうが、私は逃れることができます。

今日の仕事はこちらの記事にある、朝は外回りの社員の書類の授受です。

彼らは土日も出社しているので月曜日は書類がハンパなく多い。

・・・・・いや、多ければいいのですが、最近はそうでもない。

成績の良さと、預かり書類の数は比例します。

これは間違いありません。

 

rio-okajima.hatenadiary.com

 

 

10:00~12:30

業務に勤しむ。

途中、10:30にまた朝礼と言うか業務連絡の引き継ぎがあるのでそれに参加します。

とある業務では、この1月よりキャンペーンが始まりました。

「3月、お前らはノルマ100%達成してくれるよな??そのためにキャンペーン打つからな」と毎年のように企画されるものなのです。

まあ、私、とある理由でこのキャンペーンは大好きなのですが、その内容については身バレも怖いですし、公開は止めておきます。

 

 

12:30~13:30

窓口交替で昼休みに入ります。

朝同様食堂に行き、昼食を取ります。

今日は手弁当です。

お茶もありますし、リンゴもあるぜ。

私はリンゴが大好きなのです。

この時期はミカンもありますが、ミカンよりも断然リンゴです。

食事後、姑からもらった剥いてきたリンゴをうまうまと食います。

 

 

部長は女子社員から批判をくらったため、食事は一人で摂るようになりました。

私の昼休みのタイミングだと一人でご飯食べている部長とたまに目があったりしますが、 10分ほどで部長はいなくなり、その辺は以前と変わりません。

 

 

13:30~17:15

仕事再開。

 

今日の勤務内容が一番きついです。

 

月曜だから変な取扱が持ち込まれたり、粗品多くくれよ、とかぬかす客も来るし。

金利だから、粗品の質が下ってるんだよね・・・・うちだけ??

粗品の内容だけど、うちの会社が一番ひどいな、この近隣では。

なのでその客にはハッキリ言ってやりました。

「私も思っていますが、おそらくこの近隣ではうちが一番ひどいです。私には粗品を買い物する権限も予算を決める権限もなくて、申しわけありません」

そしたら、その客、苦笑い。

「アンタの名刺くれ」とな。

ついでに「粗品、何とかならないか投書したらどうでしょう」とも言い、「お客さまの意見」と書かれた上質な紙も差し上げましたけどね。

「オレ、実名で投書するわ。それか、いい粗品くれる支店を教えてくれよ」

 

うーん、粗品は期待しない方がいいかな。

 

忙しいけど、帰るぞ帰るぞ、今日も定時退社だ。

 あ、忘れていた。

キャンペーンのDM発送をせねばなりません。

今日は残念ながら残業か。

 

17:15~17:30

自分の扱った窓口の書類の件数、金額をあらかじめ集計しておきます。

合致していることを確認後、休憩に入ります。

今日は残業です。

残念ながら放課後活動は有りません。

17:35~18:15

残業タイムでございます。

チラシ折折。

あて名書き書き。

 

DMの発送に残業代使うなよ、と批判を浴びそうですが、営業に関わる残業は許されるそうです、うちの会社。

私は休日出勤も含め、多くても1か月15時間程度に残業時間はおさめるよう、最大の努力をしているつもりですが、うちの上司どもは・・・・

幸い、うちの会社は36協定がしっかりしており、分単位で残業代も支給されますが、それをいいことにダラダラ仕事する人がいるのもまた確か。

うちの、50代の女性の上司は、夫も同業者で仕事にも理解あるのかもしれませんが、あの人何時間残業代出てるのかね。

日中はおしゃべりばかりで仕事が全く進んでいる様子ないし。

もしかして残業代=自分の小遣い、ですか??

 

以前、同じ職場で別の仕事をしていたときなど、3月に残業時間が休日出勤を含めて50時間を越えた時は気が狂いそうになりました。

私が担当でしかも一人きりだったので仕方ないのですが、結構体にこたえました。

残業代10万円支給されましたが、お金もらっても明らかに寿命を縮めているのが分かりましてねえ。

もう2度としたくないです。

 

 

 

オカジマの放課後活動。

今日はありません。

夕食の買い物して今日は帰宅。

これで何となく、帰宅後の帳尻が合いますね。

しかし、帰宅後、この時期特有の作業があったのです。

 

 

帰宅後(19:00~19:30)

天候に全く触れていませんでしたが、どうやら我が家の前にも除雪車が来たようで・・・・・

ああ、駐車場の雪寄せをしないと駐車場に入っていけません。

雪寄せ。

道付け。

この作業があるだけで、雪国の人間は損しているように思います。

一軒家だと、庭木や自宅の雪囲い作業もあるし、屋根の雪下ろしもあります。

私は賃貸住まいですけど、このままでいいです。

譲ってマンションまで。

一軒家はゴメンです。

 

 

夕食、後片づけ&入浴(20:00~22:30)

今日は鍋物にしました。

明日の朝は、これにうどんを投入します。

前日鍋の日は明日の弁当は休みです。

 

夕飯を作りながら洗濯機を回します。

夕食後、それを干しますが、干す前に取りこんでいない衣類を取り込み、たたみ、収納します。

食べ終わった皿は洗って拭いてしまいます。

皿を洗っている間に風呂を沸かします。

忙しいです。

ネットをしている時間がほとんど取れません。

メールチェックくらいしか出来ない、あるいは全くしない日もあります。

 

この時期、入浴は必須です。

何となくですが、冷えで体が硬くなって動かないような気がするのですね。

30分は湯船につかるようにします。

以前は湯船で読書や新聞を読むする余裕がありましたが、老眼がすすみ、読書は眼鏡なしでは無理になりました。

 

そして遅くとも

23:30には寝ます。

明日もまた雪が降るのかな。

 

 そして最初に戻り、次の日が始まるのです。

 

長文読んでいただきありがとうございます。

他愛もない日々ですが、400字詰め原稿用紙で10枚以上の大作になってしまいました。