オカジマリオの年金づくり・第二期

老後資金の自己運用の結果とCFP受験についての備忘録。遂に含み益込みで1000万円達成しました!!

【老後資金の運用結果】2019/11/14現在【タラレバはナシ、ですが】

CFPの金融資産運用設計を先日受験しましたが、合格は出来ないものと確信しております。

はあ・・・・・今回でケリつけたかったぜ。

 

敗因はいろいろ考えられますが・・・

合格したかったな~

したかったな~

したかったな~

 

 

 

投資元本;7,621,480円

 

1・フィデリティ証券分

  投資元本         890,380円  

  日本株式         777,900円

  損  益        -112,480円

  お預かり金         12,337円

  小  計         790,237円

 

2・マネックス証券分  

  米国株式       4,720,212円      
  損  益        +269,871円 
  お預かり金(日本円)    13,929円

  お預かり金(米ドル) 1,644,932円        
  小  計       6,379,073円

参考値:

リアルタイム口座状況
お預り資産評価額 58,724.19
お預り金 15,163.46
リアルタイム買付可能額 15,163.46
約定金額合計 39,883.61
評価損益 3,674.69
当日取引損益 0.00

 

3・SBI証券分

  米国株式       1,742,851円

  お預かり金(米ドル)    32,939円

  外貨MMF(米ドル)    55,012円

  未投資金               0円

  小  計       1,830,802円

  損  益         -40,918円

 

4・三菱UFJ銀行分

  普通預金          11,185円

 

 

5・ウェルスナビ分

  投資元本         3Ⅰ8,343円

  お預かり金              0円

  口座残高         336,229円

  損  益         +17,886円 

  小  計         336,229円

 

6・住信SBIネット銀行

  ハイブリット預金     543,605円

  小  計         543,605円

※10万円をフィデリティ証券に株式買付の為移動しました。

それ以外は今のところ内緒。

 

7・カブドットコム証券

  お預かり金         11,300円

 

  合  計       9,902,431円

  投資元本より    +2,280,951円

 前回更新時からの動き。

PFFから配当金の入金がありました。

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 外国株式配当 --
--
--/--/-- -- +6,931
19/11/08 430株 19/11/08
配当所得税徴収額  19/11/08   1,407
(346

 

日本円で月々5500円ほどの入金になります。

・・・・・・・・・・・あと、タラレバはなしなんだが、KHC,値を戻しているじゃないか。

19/11/05 10/31 外株 A2517
TUP TUPPERWARE CORP COM
特定 売付 270  株 10.600  US$ 2,848.16  US$
10/31 外株 A3768
KHC HJ HEINZ HOLDING CORP
特定 売付 328  株 28.130  US$ 9,202.80  US$

 

TUPはこの時から株価が2ドルも下げたが、KHCは・・・・

ティッカー / 銘柄コード
区分 業種

銘柄名

現在値
前日終値
前日比(%) お気に入り
登録
注文
KHC 個別株 食品 & 飲料 クラフト・ハインツ (Kraft Heinz Co) 33.300 (06:15)
32.980 (11/12)
+0.320
(+0.97%)

ちょっと悔しいかもしれません。

しかも、売った翌日にこんな記事。

2019/11/01 00:14 JST
BUZZ-外株:米クラフト・ハインツ12%高、決算や広告戦略を好感

    [31日 ロイター] - 

    *米食品大手クラフト・ハインツKHC.Oが午前の取引で約12%高。この水準で推移すれば、上昇率は過去最大。    

    *朝方発表した第3・四半期(9月28日まで)決算は利益が予想を上回った。利益が予想を上回るのは3四半期連続。一部ブランドの需要が低迷する中、コスト削減や値上げを実施した。

    *新たに就任したパトリシオ最高経営責任者(CEO)が広告費について、コアブランドに注力し、2020年に予定するプロジェクトの数を減らすと表明。

    *純売上高は約5%減の60億8000万ドルで、リフィニティブのアナリスト予想である61億3000万ドルに届かず。経費は約25%減の7億6700万ドル。

    *一時項目を除く1株利益は9.2%減の0.69ドル。ただ、アナリスト予想の0.54ドルは上回った。